" 一人一人がピースホステルを作り上げていく大切な仲間 "

"這裡有夥伴"

 

私たちは、上記の事を日々意識しピースホステルで働くすべての人が楽しく自分らしく働ける環境づくりを目指しています。

ゲストの思い出の大切な”ピース”(一片)を一緒に作っていきませんか?

我們致力於打造讓每一個員工都能以自己的方式快樂工作的優良環境。

要不要跟我們一起為客人們創造屬於自己的 Piece 呢?

お仕事紹介

工作介紹


クリーニングの仕事って何をするの? 清潔”主要做什麼呢?

 

世界中からのゲストが滞在を快適に過ごしていただけるように、館内を清潔に保つお仕事です。

玄関回りから床・廊下、階段、トイレ・シャワー・窓ガラス・ゴミ箱、ベットメイキングなど、お掃除をする箇所は多くありますが、スケジュール表にそって全員で分担しながら清掃をします。

ピースホステルでのクリーニングのお仕事は、ゲストの記憶にずっと残るような居心地の良さ、快適な空間を一緒に作るお仕事です!国籍、年齢は問いません。責任感があり、やる気のある方、一緒に働きませんか?

 

簡單地說,讓來自世界各地的客人們能夠在 Piece 度過舒適,愉快的時光,這就是我們清潔方面的工作。

玄關,地面,走廊,樓梯,衛生間,浴室,玻璃窗,垃圾桶,床鋪整理等等,清潔任務看似繁瑣,員工們會遵照每天的班表分擔各項任務,齊心協力打造整潔的居住環境。Piece 的清潔目標,就是打造能讓客人留下美好印象的居住環境。

不問國籍,年齡。有責任感,有幹勁的你,何不加入我們呢?

ワーキングホリデーの方にも最適! 最適合有來日“打工度假”打算的你!

 

ピースホステルは、旅行情報サイト大手トリップアドバイザーでホステル部門上位をキープしており、多くの外国人のゲストが滞在する国際的な場所です。仕事は、夕方3時、4時ごろに終わるので、それからの時間は自分の好きな京都で過ごす自由時間です!皆さん日本語の学校へ行ったり、京都の街散策に出かけられたり、京都での生活を満喫されています。シフト制のため、休みも自分の希望が出せ、旅行もしやすい環境です。

 

Piece Hostel 在 Trip Advisor 上始終保持較高的排名,每天都有許多世界各地的客人來訪。目前在職的員工們,每天 3,4 點工作結束之後,上日語學校,閒逛京都的傳統街道,以各種方式享受著在京都的生活。本工作採用排班制度,事先申請自己的休息日,方便旅行等個人生活。


応募内容


勤務先 

ピースホステル京都(京都市南区東九条東山王町21-1)

ピースホステル三条(京都市中京区富小路通三条下ル朝倉町531)

22 PIECES(京都市南区東九条室町9-4)



勤務曜日・時間

09:00〜16:00 終わり次第(週3回以上入れる方) 

実質勤務時間は6時間程度。

(勤務時間など、ご要望ございましたら、ご相談ください。)

工作時間 (一周 3 次出勤)

實際工作時間 4-5 小時

(關於工作時間等,如有要求,歡迎跟我們商量)



お仕事内容 

主にお部屋と共有部分の清掃、館内清掃全般 

主要為房間以及共用部分,館內整體的清掃



資格

3ヶ月以上働ける方   

高卒以上の18〜50歳

✳︎未経験の方も大歓迎です。

✳︎20〜60代の年齢層の幅の広い方が働かれています。

✳︎留学生(制限あり)、ワーキングホリデーの方もOKです。

能持續工作 3 個月以上

高中畢業以上 18 歲-50 歲

*沒有經驗亦可

*20 歲-60 歲各個年齡層的員工在籍中

*留學生(有條件),打工度假制度 OK



給与詳細 

時給860円~910 (昇給あり)

小時工資 860 日幣-(有漲薪制度)



待遇 

交通手当:一日上限500円

(バイク/自転車通勤可/マイカー通勤可 ただし駐車場の確保要)

交通費(一天上限 500 日幣) (腳踏車,摩托車亦可,汽車需要提前訂好停車場)


求人の応募

應聘本工作


1)初めに、以下のメールフォームにてメールを送っていただくかピースホステル三条(TEL:075-746-3688)までお電話ください。

*お電話の際は、"クリーニングスタッフ採用ページを見た"とお伝えください。

2)後日、担当者から折り返しお電話いたしまして、面接の日程をご相談させていただきます。

首先,請填寫下方的表格,或者直接致電 Piece Hostel Sanjo(TEL 075-746-3688)

*致電時,請告訴我們“應聘清潔工作”之後我們會以電話的方式聯繫,確認面試的相關事宜。


メモ: * は入力必須項目です


お問い合わせ 咨詢

E-mail: yuka@piecehostel.com

(加藤まで、お気楽にお問い合わせ下さい。請致電咨詢加藤小姐